漕人(こぎと)│新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

たくさんの人に愛される高島市のコーヒーロースター「COFFEE WORKS PLUS」が、2022年11月に「漕人(こぎと)」と名前を変えて移転リニューアルしました。

“味わい”にこだわり真摯に向き合い続ける店主の山根さん。

ぜひ自身の五感で味わって欲しい「漕人」の想い。

ここではほんの少しだけ、控えめに紹介させてもらいます。

目次

漕人(旧COFFEE WORKS PLUS)の山根さん

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

漕人(こぎと)は高島市在住のバリスタ・山根さんが、2022年11月に新たに立ち上げた場所。

コーヒー豆の焙煎・販売やナチュラルワインの販売をしており、エスプレッソやコーヒーをその場でいただくこともできます。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

山根さんは2009年に神戸元町で「ESPRESSO BAR PLUS」というエスプレッソバーを開業し人気店に。

5年後に滋賀県高島市に移り住み、高島市発の自家焙煎コーヒーロースター「COFFEE WORKS PLUS」として豆の焙煎・小売・卸売り行ってきました。

そして今年2022年、古民家と蔵を改装した新たな拠点「漕人(こぎと)」が完成。

この新しい拠点「漕人」ではコーヒーに関する業務全般をはじめ、店舗の品質管理、機械の輸入、セミナー、開業相談などにも力を入れていくようです。

漕人の空気

漕人の入り口はとても控えめ。探さないと見つけられないかもしれません。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

美しい光と影。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

異世界のような、でもなんだかほっとする空間。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

深い存在感を放つこだわりの焙煎機。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

土蔵の歴史と趣そのままに。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

漕人の想い

漕人で扱うコーヒー豆は国内流通量わずか8%と言われるスペシャリティコーヒー。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

希少なナチュラルワイン。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

コーヒー豆やワイン以外にも、山根さんが本当に良いと思ったものをその時々で仕入れて販売しているよう。

海外で暮らしたこともある山根さんはこう言います。

僕は味覚とはその人の人生だと思っています。
今まで経験してきた味わい、母の味、異国の味、友達と過ごした味わい、その全てが味覚を形成しています。
味わいをつくるのに大事にしている事は”オリジナル”であるという事です

味わいの答えはいつも自分の中に存在しています。
自分自身が美味しいと思うものに少しでも近づけるように漕人は漕ぎ続けます。

コーヒー豆も人生も、ひとつひとつ一人一人がそれぞれに味わい深い。

そんなことをじわぁっと感じさせてくれる山根さんと「漕人」。

自分だけの味わいを探しに、漕人の山根さんを訪れてみてはいかがでしょうか。

漕人の詳細

最新の営業情報などはインスタグラムから。

漕人のコーヒー豆はネットでも購入できます。

漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS
漕人 Webショップ
漕人 新たに漕ぎ出したCOFFEE WORKS PLUS

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアお願いします!

この記事を書いた人

さにーのアバター さにー sunnyworks 代表

2020年に家族で滋賀県高島市に移住して独立開業。フォトグラファー、マーケティング支援、人材採用支援などの仕事をしながらローカルメディア"ニジノート"を立ち上げ運営中。登山、ランニング、自然遊びが好きなアラフォー二児の父。

目次